>

実質的なメリットを考慮した寄付

古着やタオルの寄付に対して抵抗があるなら

いくら不用品でもお金になる可能性があるなら寄付より業者に売却したいと思われる方、顔も知らない誰かが自分の古着を着るのには抵抗がという方、古着やタオルの寄付に様々な理由から抵抗のある方も居られることかと思いますが、寄付は全ての人に無償での不用品の供出を求めるものでもなければ、無理に行うことを強制されるものでもありませんので、無理に行う必要があるものではありません。

ただ、お金に変えることによる実利をお求めの方は、販売に伴う諸手続きの手間を経て得られる金額の多寡も踏まえて再考してみる余地はあるかと思われますので、百円のために諸手続きをこなす手間暇も勘案し、一度寄付という選択肢に目を向けてみてはいかがでしょう。

メリットを伴う寄付の仕方

古着やタオルの寄付には様々な形があり、それは必ずしも非営利団体等への寄付だけに留まらず、ファッションブランドの中にはショップに古着回収用のボックスを設置、回収用ボックスに古着を一定量投函すると投函者にクーポン券が発行される仕組みを採用し、なおかつ古着の売却益を寄付に充てるといった形で寄与していることもあることから、寄付という言葉からはどうしても無償との印象が拭い難いかも知れませんが、寄付したからといって何らかのデメリットが生じるというわけではないのです。

前述のものは、あくまで一例であり、これ以外の形で寄付が還元されるサービスに取り組む営利企業もありますので、自分の納得できる形での寄付の仕方を探してみることをお勧めします。


この記事をシェアする